私が長年フォトスタイリングをお伝えしている理由

★プロフィールはこちらから★

アパレルで企画デザイナーとして働いていたころ。いずれはフリーランスになって、企画会社で働けたらな~と、漠然と考えていました。情報を扱う事の方に興味が出始めたんです。その後アパレル業界からウェブショップに転身し、フリーランスで働くという事は忘れかけていたのですが、フォトスタイリストの資格を取ったことで状況は大きく変わりました。私は会社を辞め、フォトスタイリストとして独立することにしたのです。

当時はまだ30代。会社を辞めることに不安がなかったわけではないのですが、じつはその頃、一緒に暮らしている猫にひどい発作が起きていました。毎日通勤すると猫のお世話が十分にできない。どうしようか悩みましたが、会社の業績が思わしくなかったこともあり、フォトスタイリストとして独立して、自宅で講座を開催して、仕事とすることを決意したんです。

おかげで十分に猫のお世話をしながら、自宅で仕事をすることが出来るようになりました。会社という後ろ盾はなくなりましたし、全てが自分の責任であるというシビアな働き方に変わったわけですが、家に居ながら好きな時間で仕事、これが現実になって自分の働き方になった。そして、フォトスタイリングを学んだことで、私は伝えたいことを写真を使って効果的に発信できるスキルも手に入れました。結果、昨年の2017年には初の自著『猫がよろこぶインテリア』を出版。おかげさまで発売一か月で重版出来。たくさんのみなさんが手に取ってくださいました。

 

写真が上手になってほしい。
そしてあたらしい景色を見てほしい。

たかが写真。でも、私はフォトスタイリングを学んだことで、人生が大きく動きました。私のように、人生が動き始めた受講生さんもいます。写真が変わることで商品が売れるようになったり、集客が出来るようになったり、大変な思いをして勤めていた会社を辞めて、自分の好きなことを仕事にできるようになったり、週末起業でライターとして活動したり、メディアから声がかかるようになったり。

私がフォトスタイリングをお伝えしているのは、写真が上手になってほしいという思いと、人生を変えるきっかけをつかんでほしいという思い、この二つの思いがあります。世の中のたくさんの女性たちが、写真をきっかけに新しい景色を見ることが出来るかもしれない。そのお手伝いをしたいなと思うのです。

年齢なんて関係ない。いつからだってスタートは出来ます!

 

フォトスタイリスト
ヤノミサエ