写真をデザインするのが当たり前な時代に突入!

Franc Francの秋カタログがとっても好みだったので、スマホでパチリ♪

フォトスタイリストのヤノミサエです。

先日、とあるメディア系企業さんへ行った際、「フォトスタイリングって?」と聞かれました。
そうなんです、フォトスタイリング・フォトスタイリストはまだまだ一般的に認知度がある職業ではありません。
写真と言えばカメラマンかフォトグラファーというのが、一般的な世の中の認識ですよね。
今までは…。

でも、今やそういう時代でもなくなってきました。

インスタグラムの影響はとにかく大きく、一般の方であっても、当たり前のように撮影をする前にスタイリングをして、
写真をデザインする時代になっています。

写真をデザインするのが当たり前の時代に突入!

私がフォトスタイリングを知って、講座に通い始めたのが、2010年。
じつは、インスタグラムがApp Storeに登場したのも2010年。
当時の私はもちろんインスタグラムのことなどは知りませんでした。まさか数年後に、インスタグラムのおかげで世界中の写真の常識がこんなに変わってしまうとは、夢にも思っていなかった…。

ファッションやインテリアと同じようなサイクルで、写真のトレンドも目まぐるしく変わるようになり、
特にここ数年は、スマホの登場によってさまざまなことが大きく変わりました。

スマホによってカメラ・写真がとても身近になり、特別なソフトを持っていなくても、アプリで写真を作り込みながら楽しむというのが一般的な楽しみ方にもなり、写真が自己表現ツールのひとつとして、より身近な存在になりました。

フォトスタイリングは自己表現が出来る便利なお道具!

あ、ダメだ。うっかり忘れちゃうところだった。
ここで冒頭の、「フォトスタイリングって?」という話に戻ろうと思います。

フォトスタイリングとは、をご覧いただくと良いのですが、簡単に言うと、目の前にあるものをより素敵に見せるために、
何をどう見せたいかを考え、企画し、アイテムのセレクトをして、並べて整え、撮影する、という作業のことです。

ここまで写真が身近になった今、フォトスタイリングのスキルを身につけることは、WEBを通じて情報発信しようと思っているなら必須です。もう、断言します。

以前から、フォトスタイリングはブランディングツールですと、講座でも何度も何度もお伝えしているのですが、ここまで写真が暮らしに身近な存在になった今、写真が苦手、写真が下手、というのは、ハッキリ言って損です!もったいない!
そして、そこそこどのカメラで撮ってもキレイに撮れる今、大事なのは表現、デザインの部分です。何をどう撮っているか、この部分で差がついてきます!

写真をデザインするのが当たり前な時代に突入したからこそ、フォトスタイリングは皆さんのお役に立てるお道具になります。
お仕事に活かしたい、と受講する方が多いのも、この部分を分かってらっしゃる方が多いからですね。
少しでも早く、便利なお道具を身につけて、新しい景色を見てほしいなと思います。

今日は長々と書いてしまった。
やっぱり私は、フォトスタイリングが必要な方に、しっかりと、お伝えしていきたいです。
これが私のミッションでもあると、改めて思った今日でした。

 

 

★Amebaブログはコチラ★

フォトスタイリングブログ「Everyday photostyling!!!」

猫ブログ「ねこインテリアBOOK~猫4匹と心地よい大人のひとり暮らし~」


初の自著がおかげさまで重版出来いたしました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。